北京冬季五輪延慶競技エリアの3大施設、建設

   【新華社北京5月12日】中国で2022年に開催される北京冬季五輪パラリンピック延慶競技エリアの建設事業体はこのほど、競技施設の国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターが今年末完成の見込みで、非競技施設の延慶冬季五輪選手村モデルエリアは6月に公開を予定していると明らかにした。 延慶競技エリア建設事業体の北京北控京奥建設の責任者によると、同エリアでは新型コロナウイルス感染症の発生以降、感染予防と工事再開の両立をしっかり行ってきたという。

   現在は計画通り競技コースの照明や信号、スコアボードなどの補助設備の設置を進めている。 延慶冬季五輪村事業チームは今年、重点施工を本体構造から内装と屋外付帯設備に移している。 現在は2回目の構造部レンガの施工を行っており、6月には選手村のモデルエリアの完成公開が予定されており、居住性向上のためのさらなる検証が可能になる。

   (記者/張驍)当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。

   無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

( 发布日期:2020-06-07 13:58 )